トラック運転手の志望動機

トラック運転手求人TOP >> トラック運転手転職の基礎 >> トラック運転手の志望動機

トラック運転手の志望動機

様々な事情からトラック運転手へと転職を希望する人は多いです。トラック運転手の志望動機も人それぞれですが、履歴書への記載欄や面接時の応答などの際に、どういったことを表現すればよいのかは意外に重要なことです。どのような業界・職種でもいえることですが、本音は書いたり言ったりしてはいけません。たとえば、御社の案件が通勤に便利だからとか、給料が良いからとか、他の仕事は資格や学歴が必要だけどこの仕事には必要ないからなどといったことは、たとえ事実だったとしても選考の際には表現してはいけません。

トラック運転手の志望動機として、「会社案内や仕事内容を見て御社のために・・・・」といった流れでの説明は模範的で無難であると同時に、ありきたりで新鮮味に欠けるものです。もちろん、マイナスにはなりませんがプラス表かともいえません。マイナスにならない以上、履歴書に記載された過去の経歴などで著しくマイナスというものがなければ採用される可能性は十分になります。もちろん、最終的な採用の可否は志望動機が採用担当者をうならせるかどうかではなく、あくまでもトラック運転手を仕事としておこなっていくに際して、社会人としての常識を身につけているか、また、トラック運転手という体力が求められる職種に適応した人であるかどうかが最大の選考ポイントになってきます。とはいえ、志望時で他の求職者に一歩リードするためにしっかりとした志望動機を用意しておきたいものです。

採用担当者に良い印象を与える志望動機は、その内容にトラック運転手という職種に対する理解を踏まえて、それに自分の持ち味がどのように活かされると感じているのかを自分の言葉で率直に表現することです。トラック運転手というのが日本の物流を陰で支える重要な仕事であることを述べ、このことが社会一般では意外に理解されていないことを残念に感じていることを表現しましょう。

しかし、そのような現状であっても運転手がいなければ日本の物流・ひいては日本の経済が回っていいかないという現実について述べ、自分はその一員になって微力ながら貢献できたら、生きがいを感じるといったことを言いましょう。そして体力・精神力には自信があること、トラック運転手という仕事内容に対する理解は持っていることをアピールして、仕事に対する情熱、何が何でもトラック運転手をやりたいんだという熱意を伝えることで採用の可能性を格段に高めることができます。小手先のテクニックではなく、自分が心からトラック運転手をしたいことを志望動機としていかにして分かってもらうかを考えましょう。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.