トラック運転手に多い退職理由

トラック運転手求人TOP >> トラック運転手転職の基礎 >> トラック運転手に多い退職理由

トラック運転手に多い退職理由

トラック運転手は離職率が高いと言われていますが、退職する理由はさまざまです。また、トラック運転手の種類によっても変わってくるでしょう。トラック運転手には、大型トラックをはじめ小型、中型など大きく3種類あります。このなかでもっとも離職率が高いのは大型トラックの運転手です。

退職理由は、『不規則な生活』『睡眠不足』『事故の心配』などが多いでしょう。深夜運送になれば、昼夜逆転も当たり前です。それに合わせて睡眠を取りますが、それでも決して規則正しい生活を送れているとはいえません。そのため、睡眠不足になりやすく、体調を壊す方は少なくないでしょう。睡眠不足で怖いのが、運転中に襲われる眠気です。運転中に眠くなってしまうと、事故を引き起こす危険性があります。下手をすると命を奪われる可能性もあるでしょう。そういった理由から、トラック運転手を辞めてしまう人が少なくないのです。退職理由も、ほとんどの運送会社が同じではないでしょうか。

そもそも、トラック運転手には、向き・不向きがあります。向いていない人がトラック運転手になっても、続けるのは困難です。なかには『働いてみたら自分に合っていた』という方もいるため、必ずしも向いていない人がトラック運転手になれないわけではありませんが、事前に適性を知っておくと安心です。

まず、トラック運転手に向いている人は『運転好き』であることでしょう。運転が好きでなければトラック運転手だけでなく運転手として働くことはできません。ですから、車が好き・運転が好きであれば向いているといえます。そして、『責任感のある人』です。基本的にひとりで仕事をしますから、無責任な人は不向きです。自分のペースで働けますが、きちんと責任を持ちましょう。大変な仕事ですから、人としての常識がある方や根性の有無も関係してきます。ちなみに、トラックのサイズによっては別途免許が必要になります。2〜3tの小型トラックであれば普通免許でも運転できますが、それ以上になると中型・大型免許が必須です。また大型トラックを扱う場合、センスも必要になります。ですから、運転好きであることはこの仕事に向いていますが、必ずしも続けられるとは断言できません。逆にトラック運転手に向いていなくても、先にも述べたように働いてみたら向いていたという場合もあります。ですから、向き・不向きはあくまで参考程度にしてください。 まずはどんな求人があるか探してみましょう。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.