トラック運転手の離職率

トラック運転手求人TOP >> トラック運転手転職の基礎 >> トラック運転手の離職率

トラック運転手の離職率

トラック運転手というと、深夜に遠くまで荷物を運ぶイメージが強いでしょう。しかし、ひと口にトラック運転手といってもさまざまで、すべてのトラック運転手が長距離で荷物を運ぶわけではありません。またトラック運転手は離職率が高いと言われていますが、いろんな運転手がいるため、必ずしもトラック運転手=離職しやすいには繋がらないでしょう。

とはいえ、なぜトラック運転手は離職率が高いと言われているのでしょうか?まず、トラック運転手のメリットは『比較的自由に働ける』『自分のペースで仕事ができる』『運転好きなら楽しめる』『いろんな地域へ行ける』などが挙げられます。自由に働けるというのは、他の職種と比較した場合です。基本的にひとりで運送するので、自分のペースで仕事ができます。そのため、多少は自由が利くのでしょう。また毎日運転しますから、運転が好きなら楽しめますし、長距離ならいろんな地域に行くことができます。

では、デメリットは何でしょうか?『時間が不規則』『睡眠時間がバラバラ』『長い労働時間』『事故の危険性がある』『社会保険がない会社もある』『長時間運転で腰を痛めやすい』『痔になりやすい』『事故は給料から天引き』などが挙げられます。明らかにメリットより多いのが分かります。

ですから、トラック運転手の離職率は高いといえるでしょう。特に長距離のトラック運転手になると、拘束時間も長くなります。きちんと睡眠が取れず、うっかり居眠りをしてしまったら大事故にもなり兼ねません。そういった危険性が、どうしても離職率を高くしてしまうのでしょう。実際、トラック運転手の求人は多く、ほぼ毎日のように募集しているといっても過言ではありません。

となると、トラック運転手にはならないほうが良いのでは?と思われるかもしれませんが、先にも述べたようにトラック運転手の種類もさまざまです。長距離なら年収も高くなりますし、諸手当も充実しています。長距離以外でも、平均500万円程度と決して極端に低いわけではありません。年々下がってきているとはいえ、ある程度稼ぐことはできるでしょう。

少しでも安心してトラック運転手として働くなら、きちんとした会社を選ぶことが大切です。福利厚生もどれだけ充実しているか内容をきちんとチェックしておきましょう。長距離が苦手なら、小型・中型トラックの運転手求人もあります。年収の差はありますが、深夜運送がないので、睡眠時間を削られる心配はなくなります。離職率は高いですが、やりがいを感じられる職種でもあります。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.