年収700万以上のトラック運転手求人

トラック運転手求人TOP >> 条件別のトラック運転手求人 >> 年収700万以上

年収700万以上のトラック運転手求人

トラック運転手の求人で、年収700万円以上のところはあるのでしょうか。結論からいいますと、あります。しかし、年収700万円以上のトラック運転手の求人にはいくつかの共通した条件があります。

まず、『大型免許の有無』です。トラック運転手には小型・中型・大型の大きく3種類に分けられますが、このなかでもっとも年収が高いのは大型ドライバーになります。中型ドライバーでも年収は高くなりやすいですが、700万円以上となるとやはり大型免許の取得は必須といえるでしょう。小型ドライバーは特別免許も不要ですので、普通免許さえあれば運転することができますが、年収350〜400万円程度のところがほとんどです。一方で中型と大型は別途免許が必要になります。そのため、年収が高くなりやすいのでしょう。なかでも大手宅配や引っ越し兼業配送センター、国内陸送コンテナなどの牽引トレーラーも年収700万円以上のところがほとんどです。ですから年収700万円以上の求人を探すなら、まず大型免許を取得しておきましょう。免許があれば、たとえ40代・50代からのスタートでも良い年収を受け取ることができます。

次に『長距離トラック運転手』です。会社によって多少変動しますが、やはり長い距離の配送は年収が高くなりやすいと言われています。先にも述べたように、大手宅配や引っ越し兼業配送センターでも、長距離になると年収はグンとアップします。そのため、平均年収は840万円程度です。短い距離の配送で、年収700万円以上になることはほとんどありません。長距離の大型ドライバーになって、さらに年収が高くなるというわけです。

最後に、『重量物の荷積み・荷下ろし』です。もちろん重量物だけではありません。軽いものから重いものまで、すべて手作業で積み下ろしします。運転するだけでなく、荷物の積み下ろしもするとなると、年収は高くなりやすいと言われているのです。実際年収700万円以上稼いでいる方は、配送だけでなく荷物の積み下ろしも行っています。

年収700万円以上の年収を稼ぐということは、それくらい仕事内容も大変というわけです。また、入社してすぐこれだけの年収を稼ぐことは困難です。20代でもなかなか難しいでしょう。上記の条件をクリアするだけでなく、継続して勤務していることも大きなポイントになります。

ですから、まずは大型免許を取得し、慣れるまで中型ドライバーとして働くのも良いかもしれません。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.