30代のトラック運転手求人

トラック運転手求人TOP >> 条件別のトラック運転手求人 >> 30代

30代のトラック運転手求人

20代の時は何か別の業界で仕事をしていたものの、様々な事情で退職をすることになり、トラック運転手へと転職する人も多いです。トラック運転手の仕事は夜勤があったり、一日に何度も荷物の積み下ろしのために目的地を往復したりと体力的にも精神的にも大変な面もあります。しかし、とタック運転手の仕事は30代の人に一番向いている仕事だともいうことができます。なぜならば、30代であれば体力的にもまだまだ20代にも負けないものがあり、バリバリ働くことができる健康状態です。社会経験に関しては20代以上に有しているわけですから、社内の先輩のトラック運転手やクライアントの会社との事務的な接触など、人間関係を維持していく上では役に立つことでしょう。

また、トラック運転手の業界は、30代という年齢層がもっとも人数が多いので、社内での人間関係の構築や、運送中に道の駅などで同じように休憩する他のドライバーさんと横のつながりを作って情報交換をするなど、コミュニケーションをとることができやすいわけです。30代は20代には若さでは負けますが、体力で必ずしも負けるとは限りません。体力があるかないかは年齢では個人的なレベルでの問題なので、30代だからということはけっしてマイナス要因ではありません。

同じ若い世代であっても、社会経験が既にある程度の期間あるという面で、20代に対しては上回っている面があり、その点が同じ若い世代であっても、評価される要因になりますので、30代の人がトラック運転手に転職するのは大変有利な環境にあると言えます。実際に、トラック運転手が30代の人がもっとも割合的に多いことと全く無縁ではありません。将来のことを考えた場合、30代でトラック運転手に転職して、経験を積んでいくことは大変良いことです。

報酬は会社によって様々な形態がありますが、ほとんどの場合、歩合制・完全出来高制という形で自分がこなした仕事量に応じて報酬がもらえるのが一般的です。30代というのは、体力的にも社会経験的にもバランスのとれた年代ですから、時には夜勤をこなしたりと頑張りがききます。そして、多くの仕事量をこなしていく体力・気力もまだまだありますから、たくさん稼ぎ出すこともできます。30代の内に多くの仕事をこなして実績を出して、会社からの信頼も得ておけば40代以上になって多少体力が落ちても、今までの実績を認めてくれてとやかく言ってくることもないでしょう。逆に、それまでの実績が考慮されて、責任ある立場へと出世したり、リーダー的な存在として社内の他のトラック運転手から一目置かれる存在になります。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.