ボーナスが出る(高収入)のトラック運転手求人

トラック運転手求人TOP >> 条件別のトラック運転手求人 >> ボーナスが出る(高収入)

ボーナスが出る(高収入)のトラック運転手求人

トラック運転手の給与は基本的には歩合制・完全出来高制であり、中には、基本給がある程度保証されていて、それ以上の部分に関しては出来高に応じて上乗せされるという形態であることが多いです。また、中には完全に社員として与えられた任務を充実に遂行していれば毎月の給料が保証され、毎年ベースアップもしていき、ボーナスがでる場合もあるという会社もあります。いずれにしましても、あなたの会社の給料形態がどのようなものであれ、ボーナスをもらうには仕事内容においてそれなりの大変さがあるということを覚悟しなくてはなりません。しかし、これはトラック運転手に限ったことではなく、どのような業界。職種にもいえることです。

ボーナスが出て高収入か見込めるトラック運転手の求人としては、同じトラック運転手の仕事でもあまり人が希望しない仕事が挙げられます。たとえば、夜勤主体の仕事だったり、夜勤を含めて一日の拘束時間が長かったり、こなす案件数が多かったりすることが一般的です。単純に、同じトラック運転手の仕事でも一日に8時間働く人よりも12時間働く人の方が給料は多くなりますし、請負先との往復を一日に3回する人よりも4、5回できる人の方が当然、仕事量は多くなりますからその分給料に反映されることとなります。ましてや歩合制の仕事であれば、可能な限り多くの仕事量を効率よくこなしていくことが重要になってきます。

また、大型免許を所有していてかなり大きなトラックを運転できるのであれば、ボーナスが出やすい環境に身を置くことができやすいです。なぜならば、あなたが運転するトラックが中型よりも大型の方が一度に運べる荷物量がそれだけ多くなるわけですから、同じ時間に対する仕事量が圧倒的に多くなります。その分、中型車両の運転者などに比べると給料が良くなるのは当然の結果です。ボーナスもこのことが反映されますので、大型トラックの運転手の方がボーナスも良く、通常の給料も含めた年収額も良い傾向にあります。

そうはいってもトラック運転手は出来高が重要視されます。たとえ大型車両を運転して一度に多くの荷物を運べても運転に不慣れだったり、ルート設定がうまくできずに効率的な運搬ができないと、中型トラックの運転手に合計の仕事量で凌駕されてしまう事も考えられます。こうなってしまっては、中型トラック運転手の人よりも稼ぐことはできません。このように、トラック運転手という仕事でボーナスを得るなど高収入を獲得するには、どのようなトラックを運転するにしても効率よく、かつ、正確に仕事をこなすことが重要になるのです。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.