服装自由のトラック運転手求人

トラック運転手求人TOP >> 条件別のトラック運転手求人 >> 服装自由

服装自由のトラック運転手求人

トラック運転手の仕事は基本的には服装自由の場合が多いです。運送業者や引っ越し業者などでは独自の制服が運転手に用意されている場合もありますが、中距離や長距離などのトラック運転手の服装は基本的には自由です。もちろん、服装自由ですからスーツにネクタイでも良いのですが、それは面接の時だけです。トラック運転手の服装が自由だとはいっても、面接の時だけはさすがにスーツを着用してください。ジーンズなどのラフな恰好でいかないように注意してください。面接を乗り切って採用になっていざトラック運転手として仕事をするときは、運転や荷物の積み下ろしなど運動に適した動きやすい服装であれば、自由に好きなものを着用することができます。

トラック運転手は仕事のほとんどの時間を運転に費やします。その間は、トラックに乗車していて他人に自分の服装など全身の恰好を見られることはほとんどないでしょう。配達途中に道の駅などで休憩する際に降車した際に、人目にさらされる程度です。ですから、トラック運転手の服装は自由だとは言っても、デートをするときのようにおしゃれな服装をする必要はありません。あくまでも、運転に支障がなく、目的地での積み下ろしなどで荷物を持ったりすることがあるので、多少汚れてもよくて、動きやすいラフな格好がトラック運転手の一般的な服装になっています。色はあまり派手なのは第三者に与える影響もありますから避けた方が良いですが、基本的には自分が好きな色・デザインのものを着ればよいです。

道の駅などでは、よくトラック運転手が休憩している光景を目にしますが、ジーンズなどのカジュアルなズボンを着用している人もいれば、だぼだぼしたズボンをはいている人もいます。服装は人それぞれの価値観によって異なりますので、何が良いとか悪いといったことはまったくありませんので、自分がトラック運転の際に着ていて楽に感じ、運転の負担にならないということが大切です。

動きづらいと運転の負担になりますからそれだけでストレスになります。数十分程度の運転なら良いのでしょうが、トラック運転手は、1日に数百キロの運転をし、10時間以上ハンドルを握っていることだってあるわけですから、おしゃれをするというよりも、運転に適して動きやすい服を着るという事がポイントになってきます。運転しやすく窮屈でないズボンが良いでしょう。あまり足を引き締めないような生地やデザインのものであれば長時間の運転でも負担になりません。そして、なおかつ適度に個性を発揮できる自分らしい服装を模索してみるのも良いでしょう。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.