中距離のトラック運転手求人

トラック運転手求人TOP >> 条件別のトラック運転手求人 >> 中距離

中距離のトラック運転手求人

トラック運転手への転職を考える場合、その仕事の種類に注意して選択する必要があります。トラックの運転手は、大きく分けると地元を中心に決まった近場のルートを往来する地場、片道300キロ未満の中距離、片道300キロ以上の長距離といった具合になります。長距離はもちろんですが、中距離でも1日がかりで荷物を目的地に運ぶといった場合もあります。通常は、高速道路はあまり使わないようにして一般国道等を利用しますので比較的道路がすいている夜間の時間帯を狙って走行します。こうしたことから中距離のトラックの運転手は夜間に運転することが多くなることから夜型の生活リズムで体力的・精神的も強いことが求められる仕事だと言えます。

中距離のトラック運転手求人は比較的多くの案件が常時あります。多くの案件は関東や関西といった大都市圏に存在します。中距離トラックの運転というと、関東にしても関西にしてもその中間点に位置している中部地方あたりが主なエリアになってきます。関東から関西、関西から関東といった距離になるとゆうに300キロを超える長距離になります。東京から名古屋がおおよそ300キロ弱なので、東京近辺の輸送業者が名古屋よりも関東よりのエリアに運ぶのであれば中距離輸送になります。東名高速を使い渋滞に巻き込まれなければ数時間で行ける距離ですが、今やどこの企業もコストカットに必死に取り組んでいるので、ほとんどの場合は一般道を使って長い時間の運転を余儀なくされます。

もちろん一般道の有料道路の代金は会社から支給されるわけですが、それに上乗せして高速代金どの差額を自分で支払えば高速を使う事もできます。そうすれば時間を短縮できますから、一般道を使った場合よりも多くの仕事量を粉ることが可能かもしれません。たとえば、一般道で渋滞に巻き込まれながらの輸送であれば1日にせいぜい1回、どんなに道が空いていても最大で2回の往復が限界でしょうが、高速を使えば3回往復することも状況によっては可能です。

トラック運転手の報酬は歩合制ですから、このように高速代金を自腹で払ってでも回数を稼いで報酬額を上げていくこともできます。しかし、運転のしっぱなしでは体力的にもつらいですし、集中力を失って事故の原因ともなりますから、恒常的にこのようなことを行なうことは難しいかもしれません。体の調子がよく仕事にバリバリ打ち込める状態の時には、このように自分でうまく調整して時間を稼いで仕事量を増やすということもできます。このように自分で色々とやり繰りができることも中距離トラック運転手の仕事の魅力の一つです。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.