夜勤がないトラック運転手求人

トラック運転手求人TOP >> 条件別のトラック運転手求人 >> 夜勤がない

夜勤がないトラック運転手求人

トラック運転手の仕事というと、夜勤があるのではないかというイメージがあります。たしかに、交通量が少なく、高速料金が割安になる夜間の時間帯に配送を行なうといった企業もあるので、夜勤のトラック運転手の求人情報も多くあります。しかし、生活のリズムが乱れたり、夜がどうしても苦手だったりして夜勤がないトラック運転手求人を探している人も多いことでしょう。

もちろん、トラック運転手の仕事は昼夜問わず存在しますから、日勤に限定した案件もたくさんあります。夜勤ではなく昼間にトラック運転手の仕事をしたいという人は、夜勤以外の求人案件を探して募集すればよいわけです。仕事内容としては夜勤も日勤も大差はありません。ただし、片道300キロ以上で遠隔地への輸送を行なう長距離トラック運転手の場合は、それ相応の時間がかかるため日勤でとして勤務し、朝から夕方までに配送を終えることができません。したがって、長距離トラックの運転手の場合は夜勤が前提になることが多いです。また、片道300キロ未満の中距離トラック運転手の場合でも、配送先によっては時間がかかりますし、一日に何度か往復する場合には夜間の時間帯に業務がかかってしまうことも十分に考えられますので、夜勤がある場合もあります。

このように長距離・中距離はともに夜勤があることが採用の前提となることが多いです。ですから、夜勤がないトラック運転手の仕事を希望する場合は、地元の運送業者、または大手の宅配業者や引っ越し業者の地元にある支店などでの仕事が有力な候補先となります。地元中心で遠隔地までの配送がなければ勤務時間が多少前後することはあっても、基本的には早朝から夕方までの希望時間帯の勤務が可能です。地元のルート配送がメインですから社員としてもアルバイトやパートとしても気軽にトラック運転手として勤務することができます。

ただし、地元でトラック運転手の仕事をする場合でも、夜勤のニーズはあり、夜勤ドライバーの募集もされています。ですから、たとえ地元の企業の求人であっても募集段階で夜勤ではなく、日勤での募集案件かどうかをしっかりと確認してから選考に臨むようにしてください。自分が日勤に応募して面接に行っても、夜勤はできるかどうかと聞かれる場合がありますが、聞かれても自分は夜は苦手だから日勤の方で一生懸命頑張りたいと、しっかりと自分の希望を伝えれば夜勤を回避することができますので安心してください。日勤での募集に応募したわけですから、夜勤が可能かどうか聞かれてそれを断ったとしても採用が不利になることはありません。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.