トラック運転手の適性(向き・不向き)は?

トラック運転手求人TOP >> FAQ >> トラック運転手の適性(向き・不向き)は?

トラック運転手の適性(向き・不向き)は?

トラック運転手はどんな人に向いているのでしょうか?トラック運転手に適する人を見て行きましょう。

ストレスがたまりにくい人
トラック運転手は小さな運転席のスペースに座ってずっと運転をして行きます。長距離を運転する場合には指定された時間に間に合わないかもしれないと思うと時間的にも精神的にも焦ることもあるでしょう。渋滞に巻き込まれるとイライラすることもあるでしょう。多くのストレスを感じやすい仕事です。しかし、ストレスを感じるばかりでは業務をスムーズに遂行することが難しくなってしまいます。ストレスをためることなく冷静に運転をして行くことができる人でなければなりません。

トラックを運転するだけでなく、荷物の運搬作業を手伝う必要もあります。配送のときには自分で運ぶ荷物は自分で運搬を行うところもあります。荷物と言っても軽いものばかりではなく体力を使う重いものもあります。ある程度体力がないと、荷物の運搬だけで疲れてしまって、トラックを運転することが厳しくなってしまいます。さらに勤務時間は不規則です。みんなが寝ている間にトラックを走らせることはざらです。そのため体力がある人が望ましいです。

トラックの運転手をしている人は体を普段から鍛えている人も多くいます。そのため、トラックに乗っているだけなのに、筋肉隆々だと言う人もいます。トラックを運転するだけではなく、荷物を運搬するためには筋肉をつけて体力をつけておく必要があると考えているので体を鍛えているのです。つまり、そのような人はトラック運転に対するプロ意識が高いのです。

長時間の運転が苦痛にならない
トラックで長距離の運転手の場合、長時間トラックを走らせます。運転手としての基本事項ですが、長距離の運転が苦痛に感じる人はトラック運転手が向いているとはいえません。毎日何10キロもトラックを走らせても苦痛に感じることなく業務を行うことができなければ、トラック運転手の仕事にストレスを感じるだけになってしまいます。

ただ長距離を走って観光名所に行くこともなく、良い景色を堪能することなく目的地に着いたら荷物をおろして会社へ帰るために帰宅の途につかなくてはなりません。日本経済の流通の一端を担う大変重要な仕事ですが、かなり体力的にも大変な仕事です。

難しいことは抜きにしてただ単にトラックが好きでトラックを運転したい、長距離を運転したいと言う人がトラック運転手に向いているのです。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.