トラック運転手の労働時間は?激務?

トラック運転手求人TOP >> FAQ >> トラック運転手の労働時間は?激務?

トラック運転手の労働時間は?激務?

主要道路や高速道路を走っているといつもトラックを目にするでしょう。県外ナンバーのトラックも多く目にします。早朝でも夜中でも関係なくトラックは走っています。指定された時間までに荷物を届けるため、全国津々浦々まで走り日本経済を支えているのです。

厚生労働省が発表
トラック運転手の労働時間はどうなっているのでしょうか?トラック運転者の労働時間は厳しいために今まで何度も事故がありました。複数の車が巻き込まれるような大きな事故から自損事故まで色々な自己が多発してきました。これもすべて厳しい労働感急のためです。そのため改善基準のポイントを厚生労働省が発表しています。1か月の拘束時間は原則として293時間が限度つぃています。しかし場合によって延長も可能ですが、きちんと数字に出すことで運転手側も何時間まで拘束されるかが分かるようになったので、無理な拘束時間を矯正する会社もほとんど無くなっています。ただし、中には決められた拘束時間以上を拘束している悪質な会社もあるようです。しかし、改善基準に違反している場合は強い指導がされます。すべては安全な運転をして運転手を事故から守ることに重点を置いているのです。

また、拘束時間だけではなく、休息時間も決められています。勤務中休息時間は8時間以上は必要であると考えられています。運転時間の限度時間も決められていて、連続運転時間は4時間としています。つまり4時間運転すれば休息時間を入れなければならないのです。

トラック運転手は不規則な時間勤務
トラック運転手が長距離の荷物を運ぶ場合、おもに深夜に運転をすることになります。これは深夜の時間帯のほうが高速道路が空いており効率よくトラックを走らせることができるからです。もし荷物を相手先に送り届けるのが遅くなれば、多大な迷惑をかけることになってしまいます。時間までに到着するためには多少激務になってしまうことはあるのです。

激務になるかどうかは移動距離の長さによっても変わってきます。荷物を納品して会社に戻るために走る時間を合わせて1日の勤務は実働8時間程度になるように考えられています。しかし、北海道から鹿児島までなど、長距離間をトラックで走るのであれば、かなりの激務になります。しかも荷物をおろしたらまだ長い距離を運転して会社まで戻らなければならないのですから身体的にもかなり疲れます。中距離の移動であればそれほど激務にはなりません。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.