トラック運転手は腰痛が多い?

トラック運転手求人TOP >> FAQ >> トラック運転手は腰痛が多い?

トラック運転手は腰痛が多い?

トラック運転手の職業病の一つに腰痛が挙げられます。狭い運転席内で同じ姿勢で長時間運転をしていれば腰に負担となります。毎日長時間座っていると腰痛を引き起こしてしまうのです。

腰痛になるトラック運転手
長時間も同じ姿勢でいるので腰痛が出てしまうトラック運転手。運転席にずっと座っていると言うことはかなりつらいことです。良い姿勢で立っている時よりも1.5倍辛いと言われます。また荷物の上げ下ろしもするので余計に腰に負担がかかってきます。腰痛が原因で立っているのもやっとになり、仕事にも支障が出て結局トラック運転手を辞めてしまったと言う人もいます。腰痛を防ぐためにはシートに浅く座らず背中をしっかりとシートバッグにつけることです。シートも倒し過ぎは腰痛を誘ってしまいますから出来るだけ直角に近い角度にします。

腰痛がひどい状態になっているのに放置していると症状はどんどん悪化していきます。悪化する前に対策を講じることが必要です。長時間運転をする場合、頻繁に休憩をとって軽い運動をすれば腰痛対策になります。少し歩くだけでも足腰の筋肉をほぐすことが出来るので、同じ姿勢を長時間続けるより、はるかに症状は軽減されていきます。

腰痛の原因の大半は筋肉疲労です。背筋や腹筋を鍛えることで予防することが出来ますし、腰痛を悪化させないことにもつながります。どうしても腰痛が治らない場合には早めに専門の医師を受診することが大切です。

職業病は腰痛だけじゃない
トラック運転手の職業病は腰痛だけではありません。痔になる人も多くいます。同じ座った姿勢を長時間続け、しかも車を運転していると車の振動を腰に感じます。腰に負担を感じ肛門を圧迫するので痔を発症しやすいのです。長距離のトラックの座席は座り心地がよいとはいえません。椅子のクッションを良くするために座布団を敷いたり、振動を吸収してくれるようなクッションをお尻の下に敷くことでお尻に直接伝わる振動を和らげることが出来ます。

また痔の予防のためには腰痛対策と同じで軽くストレッチをすることが大切です。出来れば1〜2時間ごとに休憩をして軽くストレッチをしたり、運動をすれば痔を予防することが出来ます。1日中ハンドルを握って長時間運転をすると、いくら運転のプロであっても疲れが出てきます。事故を起こさないためにもこまめに休憩をして体と頭をリフレッシュさせましょう。トラック運転手の職業病が回避できますし眠気予防にもつながります。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.