トラック運転手の定年は?

トラック運転手求人TOP >> FAQ >> トラック運転手の定年は?

トラック運転手の定年は?

一般的な会社の場合定年があり、55歳から60歳で定年を迎えることになります。会社から定年後にも仕事をしてほしいと言われるとその会社で働くことはできますが、会社から延長を希望されない限りは定年が来れば、どんなに仕事を続けたくても続けることはできません。トラック運転手にも定年はあるのでしょうか?

トラック運転手の定年は
トラック運転手は採用時に学歴も問われませんし、年齢も問われません。40代であろうが50代であろうがヤル気があり、トラックの運転免許証があれば雇ってもらえます。仕事をしっかりこなしていくことができればどんな人でも関係ないのです。

トラックの運転手は長距離や中距離の運転や荷物の運搬が主な仕事です。多少の肉体労働はありますが、60歳が来てもやれる仕事です。そのため、トラック運転手に定年の制度はありません。大きな運送会社であれば60歳で定年を迎えることが決められていますが、その後も働く意志があれば嘱託として残って仕事を行うことができる仕組みをとっています。

60歳を過ぎてもトラックの運転手として働いている人は多くいます。トラック運転手の高齢化が危惧されているほど、60歳を迎えても多くの人が辞めずに自分のペースで働いているのです。一般の会社でも60歳を過ぎても働くことは出来ますが、若い子が多くいるせいで働きにくさを感じると言う職場もある中で、トラックの運転手の世界は多くの高齢者が働いていることから見ても、働きやすい環境があるのです。

他の会社を定年し、トラックの運転手に
トラックの運転手は一度経験し、場数を踏んで行けば経験と知識が増え仕事にも慣れて行きます。出来る限り仕事を続けたいと思うようになるので多くの人が定年を過ぎても働いています。高齢になっても働きやすい職場として捉えられているので、いったん別の会社で定年退職を迎えた後にトラックの運転手になっている人もいます。定年後の転職先としてトラック運転手を考える人は多くいるのです。

定年退職をすれば既に60歳を迎えています。60歳から新しい職を探すことは並大抵のことではありません。しかし、トラック運転手は年齢も学歴も問われないので、定年を迎えた人でも転職しやすいのです。

まずは地元を走るトラック運転手で経験を積んで、その後に中距離、長距離へと仕事の幅を広げて行くことができます。年齢をどんなに重ねていてもステップアップしていくことができるのです。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.