トラック運転手の睡眠時間は?

トラック運転手求人TOP >> FAQ >> トラック運転手の睡眠時間は?

トラック運転手の睡眠時間は?

北から南まで全国を走り回って荷物を届ける仕事のトラック運転手は、睡眠時間はどの程度取ることができるのでしょうか?まとまった睡眠時間をとることはできるのでしょうか。

長距離運転の場合
長距離運転トラック運転手の場合、長い距離を走ります。1日中トラックを走らせると肉体的にも精神的も疲れ果ててしまいます。単調な高速道路を一定のスピードで走るわけですから、眠くならないほうがおかしいくらいです。

適度に休息を入れなければ運転を誤って事故につながってしまいます。もちろん、運転中に何時間もまとまった睡眠をとることはできません。乗務中は仮眠をとることはできます。本格的に眠る事は難しいですが、仮眠をとることで頭もシャキッとしますし、体も休まるので、急速を終えたらまたトラックを走らせる元気が湧いてきます。仮眠はパーキングエリアでとります。しっかりと仮眠をとるためにお気に入りの枕やクッション、小さな布団を準備しているトラック運転手もいます。シートを倒せばゆとりあるスペースができます。すべて短時間で良質な睡眠をとるために対策です。気分をリフレッシュさせ乗務中の疲れをとるためには仮眠が最も有効的な方法です。

仮眠をとるときにはあまり長時間寝ないことも疲れをとる秘訣の一つです。あまり長時間寝てしまうと逆に体がしんどくなってしまいます。短期間の仮眠が疲れをとりやすく、眠気を覚ましやすいのです。

襲ってくる眠気には
私たちも運転中に眠気が襲ってくることがありますが、トラック運転手も同じです。プロとして長距離の運転をおこなっていますが、やはり眠気が襲ってくることはあるのです。トラックを運転していると眠気に襲われることがありますが、ウトウトしながら運転すると大事故につながります。このようなときには眠気をぬぐい去らなければなりません。眠気対策にはカフェインの摂取を行っています。カフェイン入りで目がシャキッとするようなドリンクを飲んだり、ブラックコーヒーを飲んだり、カフェイン入りのガムを噛んで頭をシャキッとさせるのです。タブレット型のカフェイン剤を利用して効果的に目を覚ませる方法をとっている人もいます。

脳に酸素を送れば眠気が薄まるので、窓をあけてトラックを走らせる方法を行う人もいます。またパーキングエリアに行き、少し休憩をとったり、歩くことで眠気を覚ましたり、水で顔を洗って目を覚まさせる方法など、色々な眠気対策を行っているのです。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.