トラック運転手のストレスは?

トラック運転手求人TOP >> FAQ >> トラック運転手のストレスは?

トラック運転手のストレスは?

どんな仕事どんな業種でもある程度のストレスはあります。仕事をしていると楽しいことばかりがあるわけではありません。思うようにいかずストレスを抱えることも多々あるでしょう。ただ、トラック運転手の場合には他の業種と比べるとストレスが多い職業であると言われています。

トラック運転手のストレス
トラックを運転する場合、狭い空間に1人きりで運転していきます。長距離を移動する場合は特に孤独感にさいなまれます。単調な高速道路を一定の速度で走ることはかなりのストレスになります。会社や走る距離によっては勤務時間も不規則になります。

さらにトラック運転手は常に高速道路を走るだけではありません。一般道路も走ります。通勤時間帯に当たれば渋滞に巻き込まれてしまいます。イライラしても仕方がないのですが、荷物を届けるための指定時間がさし迫っているときなど、イライラが頂点に達してしまうでしょう。

車の流れに沿って走らないような遅い車があるとイライラする人もいます。自分の思うようなスピードで走ることができなければ車を追いたててしまう人もいます。

このようにトラックを運転していると色々なストレスが襲ってきます。そのストレスを上手く回避できる人でなければ、ついトラックで荒い運転をしてしまい、事故を起こすことがあるかもしれません。ストレスを強く感じてしまう人はトラック運転手には不向きかもしれません。

真面目でこつこつ
トラックを長距離運転することはかなり忍耐のいる仕事です。多少のストレスを感じても上手く回避することができること、どんなときにも冷静に運転ができることが大切です。スピードを出すことが好きな人、荒々しい運転をすることが好きな人にはトラック運転手は向いていません。

適当な運転をすることで事故につながる可能性があります。大きなトラックが事故を引き起こせば自分だけでなく巻き込んでしまった相手も大きなけがにつながります。取り返しのつかない状態になってしまうのです。

どんな状況にあっても冷静に対処できること、指示されたことに素直に従い真面目に運転できる人が望ましいのです。また、トラックの運転は普通車の運転に比べて高い技術力が必要になってきます。運転技術を磨いていこうとする向上心を持ち合わせていることも必要です。プレッシャーやストレスが大きな仕事ですが、強い心と体を持って真面目にコツコツと取り組んでいこうとする姿勢が大切です。

トラック運転手の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 トラック運転手求人ナビ【※トラックドライバーの賢い転職】 All Rights Reserved.